ゆるやかdead

おかしな人生。悪い意味で。

気温がアホなので、夏に聴きたい曲5選

はじめに

 連日の真夏日で、季節感が全く分からなくなっている今日このごろ、皆様いかがお過ごしでしょうか。僕は順調に日々を浪費しています。季節が巡ることがこんなにも恐ろしくなるとはね。うふふ。

 地球温暖化問題とか大きな話をしなくたって、明らかに異常気象のお祭り騒ぎが起こっているのは間違いないですよね。早く終末が訪れてはくれないものでしょうか。一足も二足も早く夏来たる、というわけで、夏に聴きたい曲をあつめてみました。ジャンルも何も気にせずに、好きなものだけを詰め込んでいる馬鹿の寄せ鍋みたいになりましたが、1曲でもお口に合うものが見つかれば幸いです。

 

夏に聴きたい曲5選 

Feel me,See me,Hold me/Gentle Breeze

f:id:yaananisa4:20170530194440j:plain

  スターダスト・レビュー田村直美によるコラボで生まれた、瑞々しく熟れたオレンジのような、フレッシュな幸せがぎゅうっと詰まった夏のラブ・ソングです。ポップで軽快なリズムがと爽やかな歌声が心地よく、2億年くらい聞き続けられます。

 なんといっても、本当に素敵な歌詞なんですよ。全体を通していえることですが、ひとつひとつの言葉が洗練されていて、上質なものとなっている印象を受けます。その中でも特に好きな一節があります。

Radio から溢れる Lovesong 口ずさみながら 指を つないだ 

 「流れる」ではなく「溢れる」、「手」ではなく「指」なんです。丁寧で繊細な言葉選びによって、鮮やかな情景を損なうことなく表現できているのだと思います。ここだけリピートして再生するくらい、たまらなく好きなんですよね。

 あと純粋に歌が上手い。スタレビはめっちゃカッコいいんですけど、カラオケとかで歌おうとしてもお話にならないんですよね。いとかなしい。

LOVELAND ISLAND/山下達郎

f:id:yaananisa4:20170530224552j:plain

 サントリーのビールやドラマの主題歌にもなった、まさに夏歌といえる山下達郎の楽曲です。「ロング・ラブレター~漂流教室~」というドラマの主題歌で、それがきっかけで好きになり、親の運転する車の中でよくかけていた記憶があります。MDで。

 透き通るような青い海と、真っ白に染め上げられた砂浜。時おりやってくる、神様の微笑みのように軽やかな風は、そんな夏の象徴をたっぷりと抱えて、東京の中心まで届きます。乾いた街の中にあっても、ビビッドな夏を感じることのできる瞬間。しかしそれは、触れようとすると瞬く間に消えてしまう。そんな美しいワンシーンを想起させます。

 山下達郎って発声がめちゃくちゃ綺麗で、声の厚みと伸びが段違いなんですよね。これだけ息の使いかたが上手い人って、なかなかいない気がします。そして誰が聞いても彼の声だと分かる個性的な声質。最強。

 山下達郎の夏をテーマにした楽曲は多く、そのどれもが大好きなのですが、小さなころの思い出もコミコミで個人的No.1夏うたです。イントロからめちゃくちゃ気持ち良いので、さわりだけでもぜひぜひ。

Summer Breeze/Paris Match

f:id:yaananisa4:20170601000101j:plain

 最近ドはまりしている、ParisMatchというバンドから一曲。自由に跳ね回るパーカッションと楽し気に響くトランペットが印象的なラブ・ソングです。この曲の作詞を担当しているのは、音楽プロデューサーでもある古澤大。parismatchによる楽曲の多くは彼が作詞しているのですが、漢字の使い方ひとつから見ても、言葉に対するこだわりの高さが窺えます。特に好きな一節がこちらです。

すでに花は咲きこぼれている 此の想いは 伝えきれていない

 力強く繊細な愛情を、うまく言葉に落とし込んでいると思います。その歌詞が、ボーカル・ミズノマリの情緒豊かな歌唱によって昇華され、素晴らしいものになるのです。

 また、ミズノマリは本当にカッコいいボーカリストなので、それだけでも聞く価値があると思います。彼女の歌声には大人の色気と少女の可憐さが、互いに損なうことなく存在しています。ぜひ聞いてみてください。

 A shade of blue/Incognito

f:id:yaananisa4:20170530213919p:plain

  夕暮れに染まり、全ての物事の境界線が曖昧なものになるひととき。すこしずつ重みを増していく静かな海と、大きく柔らかい波を感じられる楽曲です。夏の夕暮れにたゆたう海には煌びやかな陽光の名残があり、確かな喪失があります。そのふたつが完全に混ざり合った光景はどこか切なくて、けれど満ち足りた気持ちにさせてくれます。

 しっとりと重厚なベースと、シンプルで涼やかなギターの音色、陰りのある色気を感じさせる歌声がひたすらに心地良く、個人的には午睡にぴったりな、穏やかな眠りに導いてくれる楽曲でもあります。

 Feel me,See me,Hold meでは歌詞に対して散々言及しておきながら、英詞なのでほとんど意味が分かっていない、そしてincognito自体をよく知らないので踏み込んだことがいえない、というオチ。

Pacific/Suchmos

f:id:yaananisa4:20170530230116j:plain

 いま一番好きなバンドで、一番ライブに行きたいバンドで、チケットが取れないし転売屋を使うのも嫌だからなんだかなぁ、とやきもきさせられているバンドです。suchmos、めちゃくちゃカッコいいんですよね。

 そしてsuchmosは、凄まじくグルーヴィーなバンドです。メンバーの多くが近い環境で育ったことも起因しているのでしょう。6人編成でありながら、それぞれの鼓動が重なりあった美しいグルーブを奏でています。

 Pacificはそんな彼らの地元である茅ヶ崎の海と風を歌った曲です。深く優しい愛にくるまれて、夏の夜の海にゆっくりと溶けていくようなイメージを受けます。ゆったりとしたベースラインと、クリーンギターの甘やかな音色。そしてボーカル・YONCEの歌声が素晴らしい。海の匂いと風の音がありありと感じられます。

 CD音源もさることながら、ライブversionも素晴らしいのでぜひ。

おわりに

 さてさて、楽器も弾けない、音楽的知識が皆無に等しいことがバレッバレな音楽記事になりましたね。すまん。それでも、僕が本当に好きな曲をできる限り頑張って紹介したつもりなので、気に入ったものがあったら嬉しいです。

 

 

この記事を書いている途中で日付が変わりまして、6月になりました。2017年も折り返しを迎えようとしているみたいですね。勘弁してくれ。